マッサージ

当院ではご利用いただく方が安心できるよう
保険を使用するマッサージには国家資格資格所有者が
様々な手技を駆使して施術いたします。

・軽擦(けいさつ)法

適度な力を加えながら、なで、さする方法です。
血液リンパ液の循環を促進することで
血行の促進、冷え、痛みやしびれを弱め
浮腫の吸収を促進します。

弱い軽擦法は知覚神経を刺激して爽快な感覚を起こさせます。
自律神経に影響してその機能を整える作用もあるといわれています。


強い軽擦法は循環系の流通を良くして新陳代謝を盛んにし鎮痛効果もあります。

・揉捏(じゅうねつ)法

筋肉など柔らかい組織を、おし、こね、つまみ、搾るように揉む方法。
主に筋肉作用を及ぼし筋組織の循環を良くします。

筋肉の静脈血の流れを促進し、反射的に血管を拡張させて
充血を起こさせます。

組織の新陳代謝を盛んにし、栄養を高め、機能を盛んにします。
腹部に行うときは胃腸の蠕動(ぜんどう)機能を高めて便通を良くします。

・叩打(こうだ)法

身体の様々な部分を軽く一定のリズムで叩く手技です。

痛くない、心地いい刺激量で叩打することによって
神経、筋肉を興奮させて筋肉や関節を動きやすくします。

・指圧(しあつ)法

親指やその他の指を使って押圧して刺激する手技です。

押圧刺激をいれることで循環器系および
自律神経のはたらきを良くします。

慢性疾患や深部の筋肉のコリを弱めたり
冷え性、下痢、腎臓膀胱などにも効果があることもあります。

鍼灸

・鍼(はり)

直径0.1mm~0.2mmほどの細い鍼(はり)をツボに刺すことで
痛みやコリ、しびれなどを軽減させます。

血行を促進したり、自律神経に作用することで
胃腸や心臓、血管に作用して働きを調整します。

免疫力を賦活させるなど様々な研究がなされており
まだ、解明されていない鍼の効果も期待できます。

・灸(きゅう)

お灸で使う、もぐさはヨモギの葉を乾燥させて
葉の裏側の部分を集めたものです。

温熱熱刺激をツボに与えることで筋肉や血管リンパ節を刺激して
細胞の活性化、免疫力の向上、リンパ液の流れが良くなることで
むくみの軽減にもつながります。